愛されたい願望

彼女はある地下の美容外科を訪れた。
無免許だが悩める者を救う医師がいる美容外科だ。

「愛されたいんです……」

彼女は涙ながらに訴えた。

その願いは自分を犬に変えて欲しいというもの。
手術後、彼女はペットショップに並んだ。

再び彼女が医師の元へ。

「犬は人気がないみたいだから、やっぱり猫に──」

GuX^ V[gV[giJ