プロフェッショナルの流儀

踏みますね。とにかく踏みます。

キャップを被り直しながら、自慢げに彼は言う。

「どんなものでも?」

そうっすね、踏みますね。

「幸せを感じる瞬間は?」

踏んでるときっす。

「具体的には何を?」

韻っすね。自分、ラッパーなんで。

その後もインタビュー中、彼はずっと踏み続けた。
幸せを噛み締めながら。

GuX^ V[gV[giJ