鳥の糞

「あっ!」

頭頂部に違和感。
ぜったいに鳥の糞だ。やられた!
男は睨むように空を見上げた。

頭をもたげ、あんぐり開いた口の中に、あろうことか再び鳥の糞が。
反射的に口の中を唾液で満たし、糞もろとも道端に吐き出す。

見上げると、大きな空にふわり。つがいの鳥がスッキリした表情で飛んでいた。

GuX^ V[gV[giJ